里見八犬伝のあらすじをまとめてみる

42. 額蔵、拷問に耐える

前:41. 信乃、故郷でも指名手配される

額蔵(がくぞう)、拷問に耐える

信乃(しの)現八(げんぱち)小文吾(こぶんご)は、矠平(やすへい)の家が見えないくらいまで遠ざかると、道の途中の切り株に腰かけました。

信乃「自分は額蔵(がくぞう)を助けにいこうと思う。大塚一家のカタキを討ってくれた額蔵だ。生死をともにする約束をした自分が、彼の危機を放っておけるはずがない。今のところ策はないんだけど、それならそれで、一緒に死ぬだけだ」

現八・小文吾「おいおい、俺たちも今は犬川どの(額蔵)の義兄弟だからな。信乃だけにやらせてはおかないよ。三人の知恵と力をあわせるときだ」

信乃「ありがとう。犬田どの、あなただけは市川と行徳(ぎょうとこ)に戻って、残してきたみんなに事情を説明してきてくれないか」

小文吾「俺もそうすべきかと思ったんだけど、今回はそんな時間はないよ。行って戻ってくる間に、取り返しのつかないことになっていないとも限らない。俺もここで協力するぞ。俺が唯一、大塚でも許我(こが)でも面が割れてない。だから、城の中を偵察するのに役立てるじゃないか」

小文吾は、さっき道で拾ったというハサミを二人に見せました。

小文吾「さっきこのハサミを拾ったんだけど、これが占うところを考えてみた。ハサミは、前に進んでこそ役に立つものだ。後ろに下がってはだめだ」

信乃「なるほど…」

小文吾「城に潜入するには、さしあたり商人のフリをするのがいいと思うんだ。せっかくハサミがあるんだから、だれか、俺の前髪を刈り上げてくれよ」

現八「よし、サッパリさせてやろう。(ジョキジョキ)うん、男前が上がったぞ」

こんなわけで三人は大塚に近い滝野川に行き、泊めてくれるお寺を探して、そこを仮の拠点にしました。宿泊台帳には偽名を書きました。そして、まず信乃と現八が、深夜のうちに忍び出て、大塚の里に向かいました。(小文吾は留守番)

まず二人が訪ねたのは、村長の屋敷です。あんな事件がありましたから、もう誰もいる気配がありません。その中で糠助(ぬかすけ)(現八の実父)の部屋を見つけ、現八は懐かしさと悲しさで涙を流しました。次に、番作(ばんさく)手束(たつか)の墓、蟇六(ひきろく)亀篠(かめささ)の墓、糠助(ぬかすけ)の墓、額蔵の母が眠る行婦(たびめ)の塚を順に訪ねて墓参りをしました。どの墓にも花が絶やされていませんでした。

翌朝になると、今度は現八と小文吾の組で大塚に行き、同じように墓参りツアーをしました。(この二人は、大塚でまだ知られていませんから安全です。)小文吾はここで麻と木綿とフロシキを買い、商人の恰好をする準備も整えました。

二人は、糠助(ぬかすけ)の墓をまもる住職と雑談して、ちょっと多めのお布施をしてから、城に入って商売をしたいと相談しました。住職は城にいる知り合いを紹介してくれました。

小文吾「よっしゃ、城に出入りするコネをゲットしたぜ」

小文吾はその日から毎日大塚の城に出入りして、麻と木綿を超安く売り歩きながら、いろいろと情報を集めました。(ちなみに、もうかったお金は、泊まっているお寺にすべて喜捨しました)

やがて寺を出ると、三人は滝に打たれて、作戦の成功を神仏に祈願しました…


さて、話は、逮捕されたあとの額蔵と背介のことに移ります。

大塚の城主、大石(おおいし)兵衛尉(ひょうえのじょう)は、陣代の弟である簸上(ひかみ)社平(しゃへい)から告訴状を受け取りました。内容は、軍木(ぬるで)五倍二(ごばいじ)の都合のいいように書かれた、額蔵と犬塚信乃を一方的に悪者にする内容のものでした。

この件を裁く陣代として派遣されたのは、丁田(よぼろた)町進(まちのしん)です。町進(まちのしん)もまた、五倍二の証言を全面的に信じました。(五倍二にワイロももらっていました)

町進(まちのしん)「じゃあ、まあ、額蔵たちを尋問して、話のウラをとろう。そしたら決まりだ」

そんなわけで、額蔵と背介の尋問がはじまりました。

町進(まちのしん)「訴状によるとこうこうこういうことなんだけど、間違いないか」

額蔵「ちがいます。私の証言は別にお聞きかと思いますが、それの通りです。私は法で許された(かたき)討ちをしたのみです」

町進(まちのしん)「調べた事実と、五倍二の証言はほとんど一致しているのだぞ。お前はウソをいっているのだろう」

額蔵「軍木(ぬるで)どのがウソを言っているとは考えないのですか。彼は、自分の恥を隠すために都合のいいことを言ったのでしょう。私の証言を支持してくれる者はたくさんいます。村長の使用人も、ここにいる背介さんも」

町進(まちのしん)「なるほど、じゃあ背介、お前に聞こう。どうなんだ」

背介は、牢屋に入れられて衰弱しており、また恐怖もあって、全く口をきくことができません。プルプル首を上下させるだけです。

町進(まちのしん)「荘官たちを殺したのは、(簸上(ひかみ))宮六か、額蔵か。額蔵か? 額蔵なのだろう」

背介はあいかわらず、首をプルプル上下させています。

町進(まちのしん)「なるほど、額蔵だってさ。ほら、どうだ」

額蔵「ずるい!」

町進(まちのしん)「うるさい、あとは拷問で口を割らせてやるぞ。そいつをムチ打て」

額蔵は押し伏せられ、百回ほどムチ打たれました。皮と肉が破れ、痛みのために額蔵は気絶しました。そこに今度は水をぶっかけられ、無理に目を覚まされます。

原告席にいる軍手(ぬるで)五倍二(ごばいじ)と同僚の菴八(いおはち)は、満足に顔を見合わせます。

町進(まちのしん)「背介も打て。口をきかせろ」

背介は、十回ほどムチ打たれただけで、叫ぶ声も小さくなっていき、ほぼ虫の息になりました。気つけ薬を飲ませてみても回復しません。

この日の尋問はここで終了し、ふたりは牢屋に戻されました。しかし背介はそのまま回復せず、翌朝死んでいる姿が見つかりました。不思議なことに、額蔵のほうは、あれだけ痛めつけたのにそれほど弱っていません。五倍二(ごばいじ)町進(まちのしん)にさらにワイロを積みました。

町進(まちのしん)「さあ、今日の尋問は、まず筆跡判定からだ。額蔵よ、この紙に『サモジロー、浜路』と書いてみろ」

額蔵はサラサラと書いて見せます。

町進(まちのしん)「よろしい。円塚山(まるつかやま)で発見された謎の書き置きは、お前の筆跡であったと判断する。この文書は、お前と犬塚信乃が浜路をさらったのを隠すため、捜査をカクランするために書いたものだ」

額蔵「あそこに書いたことは、みんな事実ですってば」

町進(まちのしん)「ウソは言わせんぞ。ものども、こいつの骨をひしげ」

額蔵は昨日と違う、なんか痛そうな拷問具にしばりつけられ、気絶するまで水を注ぎかけられました。

翌日も、その翌日も、陣代は、ますます激しい拷問を試みましたが、額蔵はもとの証言を全くひるがえしません。そして翌日にはケロっとして元気になっているのです。この秘密は、額蔵が持っている「玉」にありました。犬山道節の肩から飛び出して自分の手に入った「忠」の玉を、額蔵は見つからないように口の中や耳の中にいつも隠しています。牢屋に帰ってから、これを傷に近づけると、たちまち完治してしまうのでした。

町進(まちのしん)は、気味がわるくなりました。

町進(まちのしん)「これはたぶん幻術の類だ。やっぱりあいつが罪人なんだよ。こわいもん。なるべく早いうちに死刑にしないと、何があるかわからん」

こんなわけで、結局、額蔵の死刑が決まってしまいました。執行は庚申塚(こうしんづか)で行うと決められました。執行者は、額蔵に恨みをもつ、軍木(ぬるで)五倍二(ごばいじ)簸上(ひかみ)社平(しゃへい)が任命されました。仕返しをしたかろうという、町進(まちのしん)の計らいです。


次:43. 矠平とふたりの息子
top