Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

tinyrep_install [2009/02/22 22:19]
yamamoto
— (current)
Line 1: Line 1:
-====== インストールガイド ====== 
- 
-{{:tinyrep-0.32.zip|}} 
- 
-===== 配布物 ===== 
- 
-配布するzipファイルを展開すると、tinyrepディレクトリに下のような構成のファイル群が生成されます。 
- 
-<code> 
-tinyrep 
- +--- README.txt 
- +--- doc/  [使用したライブラリのライセンス表示等] 
- +--- lib/  [システムライブラリ] 
- +--- pub/  [Webサーバーに配置するファイル] 
- +--- template/ [HTMLひな形] 
- +--- var/ 
-       +--- metadata/ [メタデータ格納用] 
-       +--- session/  [ログイン情報管理用] 
-       +--- stat/     [ダウンロード数統計] 
-       +--- storage/  [ファイル格納用] 
- 
-</code> 
- 
-===== 配置 ===== 
- 
-このディレクトリを、適当な場所に配置してください。必要に応じてディレクトリ名を変えることも可能です。以下、インストールディレクトリと呼びます。 
- 
-このディレクトリがwebで公開されている必要はありません。セキュリティ上の問題がありますので、これらをhtdocsディレクトリ、wwwディレクトリなどに置かないよう注意してください。 
- 
-pub/ 下のファイルは、すべてwebから公開するものです。これらは、webで公開できる場所に適当なディレクトリを作り、pub/ 以下のファイルをそれぞれコピーしてください。 
- 
-<code> 
-[Web公開でない場所] 
-            +------ tinyrep/  ...配布物の大部分 
- 
-[Web公開の場所] 
-            +------ myrep/ 
-                     +---- app.cgi  ...pub/ からのコピー 
-                           ... 
-</code> 
- 
-===== CGIスクリプトの設定 ===== 
- 
-Web公開場所に置いた app.cgi は、環境にあわせて適切に書き換える必要があります。書き換えが必要な場所は2行分です。 
- 
-<code> 
-#!/usr/local/bin/python   <----- ここを、pythonがインストールされた場所によって書き換えます。 
-                                 Windowsでは、#!C:\Python24\python.exe 等になります。 
- 
-install_path = '/home/yamatt/app/tinyrep'  <----- ここを、インストールディレクトリの場所に書き換えます。 
-                                                  Windowsでは、 'D:/tinyrep/' 等となります。 
- 
-import cgitb; cgitb.enable() 
-import sys 
-.... 
-</code> 
- 
-なお、app.cgi がCGIスクリプトとして正しくウェブサーバーに認識されるよう、適切に設定してください。(キーワード:.htaccessファイル、add-handler、Option ExecCGI、パーミッション、等) 
- 
-また、app.cgi は、PATH_INFO環境変数を取得できることを前提に書かれています。多くのウェブサーバーでは初めから問題ありませんが、問題が起こったときは確認してください。未確認ですが、WindowsのIISではPATH_INFO情報はおそらく取得できません。 
- 
-===== 設定ファイルの書き換え ===== 
- 
-インストールディレクトリにある、lib/myconfig.py を、環境にあわせて適切に書き換えます。 
- 
-<code> 
-basepath = "/home/yamatt/app/tinyrep"  <------ インストールディレクトリ 
- 
-config_info = { 
-  'basepath':       basepath, 
-  'template_path':  os.path.join(basepath, "template"), 
-  'metadata_path':  os.path.join(basepath, "var/metadata"), 
-  'storage_path':   os.path.join(basepath, "var/storage"), 
-  'session_path':   os.path.join(basepath, "var/session"), 
-  'stat_path':      os.path.join(basepath, "var/stat"), 
-  'app_host':       'http://giraffe.topaz.ne.jp',  <------- Webの動くホスト名(パス部分は除く) 
-  'app_urlbase':    '/myrepos/app.cgi',   <------- app.cgi にWebからアクセスするURL(ホスト名は除く) 
-  'static_urlbase': '/myrepos',    <------- 静的ファイルの提供場所(通常、上の行から/app.cgiを除いたもの) 
-  'admin_passwd':   'keepitsecret',  <------ 管理者パスワード(*必ず*変更してください!!) 
-  'delicious.connect': False,   <----- ソーシャルブックマークdeliciousと連動させるときはTrue、そうでなければFalse 
-  'delicious.api':  'https://api.del.icio.us/v1/posts/add',  <-- 通常、書き換え不要 
-  'delicious.user': 'yamatt12',   <------ deliciousのログインID 
-  'delicious.pass': 'aki----i',  <------ deliciousのログインパスワード 
-  'delicious.defaulttag': '',    <----- 自動で付与されるタグが必要なときに設定 
-} 
-</code> 
- 
-===== その他の準備 ===== 
- 
-CGIのプロセスがインストールディレクトリの適切な部分にファイルを書き込む権限があるか確認してください。 
- 
-具体的には、var/metadata, var/session, var/stat, var/storage ディレクトリに書き込み権限が必要です。サーバーの設定等によってはじめから問題がない場合もありますが、必要に応じてchmodコマンドなどを発行してパーミッションを適切に変更してください。 
- 
-===== 動作確認 ===== 
- 
-<code> 
-http://name.of.your.host/myrepos/app.cgi/login  <----- 実際のURLはインストール環境によって異なります 
-</code> 
- 
-でログイン画面が表示され、管理者パスワードが受け付けられれば設定成功です。 
- 
-===== 補足 ===== 
- 
-このアプリケーションはWSGIの仕様に準拠して作成されていますので、知識があればmod_pythonやmod_wsgiを利用してより高いパフォーマンスの運用が可能です。たぶん。 
 
Recent changes RSS feed Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki