里見八犬伝のあらすじをまとめてみる

63. 柔軟な犬飼現八

前:62. 船虫再登場

■柔軟な犬飼(いぬかい)現八(げんはち)

犬飼(いぬかい)現八は、角太郎(かくたろう)(いおり)を飛び出すと、その日の暮れるころには赤岩(あかいわ)一角(いっかく)の道場に着きました。

現八「さて、どうやって潜入したらいいのかな。やりたいもんだ。騒ぎにせず、穏便にね…」

現八は、道場の周りを歩いて観察したり、誰か中の人が出てきたりしないか様子をみたりしました。中からは、えい、やあ、などと道場らしい掛け声が聞こえます。

そこにひとりの武士が、五、六人の手下を従えてやってきました。もじゃもじゃのヒゲをたくわえ、立派な旅装をした40歳くらいの男です。男はここの客らしく、迎えの人たちに案内されて正門からノシノシと中に入っていきましたが、みんな現八のことは無視しました。

この男は、前にも出てきたことのある、籠山(こみやま)逸東太(いっとうた)縁連(よりつら)です。犬阪毛野のカタキにあたる男でもありますね。

縁連(よりつら)は、千葉家に仕えていたころ、粟飯原(あいはら)(おおと)胤度(たねのり)を殺したものの、尺八のと名刀落葉(おちば)小笹(おささ)を失い、そのまま逃亡してしまいました。その後、放浪ののち、ここの赤岩道場に流れ着いて一角の弟子になったのでした。

縁連(よりつら)の武芸はこの道場で上達し、やがて弟子頭にまでなりました。そして、ここから推薦されて、鎌倉山内(やまうち)家の内管領(ないかんれい)である長尾(ながお)景春(かげはる)に仕官して越後に行くことになったのです。本当は景春(かげはる)は赤岩一角を臣下に持ちたかったのですが、一角は仕官なんてめんどくさいことをしたくないので、そこそこ強い縁連(よりつら)を代わりにあてて、どっさり紹介料だけをもらったというわけです。

さて、主の一角は縁連(よりつら)に面会しました。

一角「久しぶりじゃないか。元気かな」
縁連(よりつら)「一角先生こそお元気そうで… いや、目にケガでもされましたか」
一角「うん、ちょっとな。それはともかく、はるばるこんな所に来るくらいだ、何か用があるんじゃないのか」
縁連(よりつら)「はい、実は、先生にをしていただきたい品がありまして」

縁連(よりつら)の主君である長尾(ながお)景春(かげはる)は血気さかんな人物で、ちょっと前に反乱を起こして関東管領から独立してしまいました。今は上毛(こうつけ)の白井に城を建ててそこに住んでいます。そこで井戸を掘ったときに、ひとふりの短刀を見つけた、ということでした。(さや)(つか)もマタタビの木で作られている珍しいものであり、誰もこれがどういう刀か判別できませんでした。これは村雨(むらさめ)の刀じゃないかという人もいます。

縁連(よりつら)「先生ならこの刀を鑑定できるかと思いまして…」
一角「なるほど。村雨だとすれば、その刃から水気(すいき)が立ち上ることで判断できるであろう。さっそく見せてくれ」
縁連(よりつら)「これでございます」

縁連(よりつら)は、持ってきた二重の箱のヒモを解き、フタをあけました。その瞬間、箱の中から白い煙が立ち上り、一角の方向にフワっとなびいて消えたのですが、縁連(よりつら)は気づきません。

縁連(よりつら)「あれっ、ない。カラッポだ」
一角「ほほう?」
縁連(よりつら)「だれか供のやつらが取ったのかな。くそっ、今から全員張り倒して調べてきます」
一角「いやいや待て、お供が取ったのなら、そいつはここまで着いてくるはずがないじゃないか」
縁連(よりつら)「それもそうです。どうしよう、刀なくして、ボスにメッチャ怒られます…」

一角「じゃあこうしなさい。一角は病気で寝込んでいた、だから病気が治ったら刀の鑑定をする約束をして、預けて帰ってきた。こんな感じの報告をしたらどうだ。その後じっくり探せばいいさ」
縁連(よりつら)「さすがは先生! そうします」
一角「だから今晩は、ゆっくりメシ食って、酒でも飲んでけ」

こうして縁連(よりつら)は丸め込まれ、座敷で宴会がはじまりました。牙二郎(がじろう)船虫(ふなむし)、ほかの内弟子たちも参加して、ご馳走と酒が飽くほど並べられ、宴会はおおいに盛り上がりました。

牙二郎(がじろう)縁連(よりつら)おじさん、越後には強い奴らがたくさんいるかい」
縁連(よりつら)「たくさん見たわけじゃないが、まあ大したことはない。ここの一角先生の小指ほどにできる奴もいないさ」

こんな雑談をしているうちに、縁連(よりつら)はさっき門の前で見かけた男のことを思い出しました。

縁連(よりつら)「そうだ、さっき、ここの門の前に、武者修行っぽいやつが一人つっ立っていたぞ。なあ、まだいるようなら、ちょっとここに呼んで、腕を試してみないか」

内弟子たち「おお、それは面白そうだ」


犬飼現八は、まだ門の前で右往左往していました。「どうやって中に入れてもらったらいいかな。宿をとりそびれてしまって… とか、そんな風に切り出せばいいかな。やりたいんだが、オレの頭は思ったほど柔軟じゃないな。うーん」

そこに月蓑(つきみの)団吾(だんご)が提灯を下げて出てきました。「おぬしはここで何をされておる。どこの方かな」

現八「いや、宿を取りそびれてしまって、途方に暮れていたのでござる。それがし、下総(しもふさ)の浪人で犬飼(いぬかい)現八(げんぱち)と申す」

団吾「それは気の毒に。(あるじ)に許しを得てくるゆえ、しばらく小座敷のほうで待たれよ」

団吾は現八を離れた部屋に案内すると、宴会場にもどっていって浪人の素性を皆に報告しました。船虫(ふなむし)牙二郎(がじろう)が、角太郎夫婦の悪口で盛り上がっているところでした。

一角「下総の犬飼(いぬかい)現八(げんぱち)… 聞いたことがある名前だぞ。ああ、二蓋松(にかいまつ)山城介(やましろのすけ)の教え子だ。思い出した。二蓋松(にかいまつ)は、(オレより格下だけど)けっこうな達人だ。油断はしないほうがいいぞ、おまえら。よしよし、ではここに呼んでこい」

現八は一角のもとに呼ばれました。船虫は隠れました。

現八「これはご主人、今夜は泊めていただいてありがとうございます」
一角「よいよい。せっかくだから、ここにいるツワモノたちとも仲良くしてってやってくれ。酒をつごう」
現八「これはかたじけない」

現八は宴会に参加し、それぞれ牙二郎(がじろう)縁連(よりつら)と内弟子たちを紹介されました。みんな酔っており、自分の強さを調子に乗ってひけらかそうとしています。

東太(とうた)潑太郎(はったろう)「犬飼どの、おぬしは何しにここらを放浪しているんだい」
牙二郎(がじろう)「武者修行だよね、そうに決まってる」
縁連(よりつら)「一見してわかるぞ。強そうだもんな」
団吾(だんご)飛伴太(ひばんた)「ぜひこんな達人に教えを受けたいものだな」

現八「武者修行なんてとんでもないですよ。みなさんに(かな)うはずがありません、ご勘弁を(にこにこ)」

みんな「そんなご謙遜を。ぜひ、ひと勝負!」

一角「犬飼どの、こいつらのビッグマウスをどうか許してやってくれ。しかしお主の武芸が尋常でないことはこの私にもわかる。せめて彼らにちょっとだけ稽古をつけてやってくれないか。私は今こんな目(キズを指して)で不自由なのだ。私の代わりにも」

現八「ははあ、そこまで(あるじ)に頼まれては、断る道はなさそうですな。自信はないですが、やってみましょう…」

飛伴太(ひばんた)「そうこなくては。早速オレとやろう。ここの木刀から何でも選びな」
現八「じゃあ、この一番短いやつで」

飛伴太(ひばんた)は長い木刀を取りました。ふたりは練習エリアに入って、おたがい構えました。やがて飛伴太(ひばんた)はヤッと叫ぶと攻撃を始めました。現八はそれを二、三回受け止めてあとずさりしました。

現八「やるつもりが、どうも変なことになったな。まあ、あくまで軽くやるだけ…」

現八は飛伴太(ひばんた)の攻撃をかわしてから間合いに飛び込み、眉間(みけん)…は悪いので、肩先をパカッと叩きました。飛伴太(ひばんた)は倒れてのたうちまわりました。

東太(とうた)「次はオレだ。参る!」

東太の振り下ろす硬い赤樫(あかかし)の木刀を現八は六、七回うけとめると、今度は手元をペチッと叩きました。東太はたまらず刀を落としましたので、現八は(えり)を左手でつかんで引き寄せると、柔術で投げ飛ばしました。

現八「よっこいしょ!(柔軟に)」

東太は床に体を打ち付けられて気絶しました。

団吾(だんご)潑太郎(はったろう)「てめえ!」

団吾(だんご)潑太郎(はったろう)が、二人がかりで現八に襲いかかりました。両側からの、隙間もないほどの連続攻撃を、現八は「ホイ、ホイ、ホイ…」とすべて受け止めたり避けたりします。このまま勝負がつかないのでは、と思われるほど長い時間が過ぎましたが、

現八「ホイホイ!」

現八は疲れきった潑太郎(はったろう)を蹴り飛ばし、そしてその勢いで団吾(だんご)に腰払いを食わせました。ふたりはそれぞれ、足を中空に投げ出して倒れました。

縁連(よりつら)が、顔中に青筋を立てて怒っています。「あっぱれだ犬飼。今度は真剣で勝負しようや。負けて恥をかくよりは、死ぬのが武士の覚悟だ」

現八「(にこにこ)オレはこの木刀のままでいい」

縁連(よりつら)が刀を抜こうとするヒジを現八はすかさず押さえつけて、相撲の勝負に持ち込みました。縁連(よりつら)は刀を捨てて組み合いました。縁連(よりつら)も怪力には自信があり、知る限りの秘法を尽くして現八を倒そうとしますが、すべて受けきられてしまいました。やがて縁連(よりつら)も疲れきりました。

現八「ナイスファイト」

現八は柱を引っこ抜くように縁連(よりつら)を持ち上げ、どう、とぶっ倒しました。「大丈夫ですか、どこもケガはしませんでしたか(にこにこ)」

現八「みなさん、たいへんお強うございました。勝負は時の運ですから、たまたま負けても恨まないでね」

怒りに燃えて現八に飛びかかろうとする牙二郎(がじろう)を、赤岩一角は手で制しました。

一角「見事だった犬飼どの。皆、負けてみずからの慢心を悔いたであろうよ。さあさあみんな、恨みっこなしだ。飲みなおそう」

現八「(柔軟にやれてる…かな?)」


次:64. 現八、玉のアラーム機能に助けられる
top