里見八犬伝のあらすじをまとめてみる

48. 力二郎と尺八、帰る

前:47. 道節、うちとける

力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)、帰る

音音(おとね)は、犬山(いぬやま)道節(どうせつ)指名手配のお触れを平静を装って聞いていましたが、役人たちが去ったあとは、もう気が気でありません。

音音(おとね)道節(どうせつ)さまと、ご友人の犬川さまが危ない。今すぐ知らせに行きたいけれど、行先もわからない。心配だわ…」

ふと、女が馬追いの(うた)を歌う声が近づいてきました。曳手(ひくて)単節(ひとよ)の声です。やがて闇の中から、女ふたりと馬が一頭現れました。曳手(ひくて)は馬をつれて雑役(ざつえき)に出ていたのです。

音音(おとね)「ああ、やっと帰ってきた!」
単節(ひとよ)「ただいま、お母さま。遅くなりました。寝ていなかったのですね」
音音(おとね)「いったい何があったんだい。あと、馬の上に乗せているのは…」

馬の上には、男の旅人が二人、またがっていました。

曳手(ひくて)「具合がわるいというので、家で休んでもらうために連れてきたのよ。私たちを助けてくれたの」

曳手(ひくて)は、家に帰るときに、白井のあたりでひどい騒動が起こっていたので、ろくに道を進めず立ち往生していました。それを、男の旅人ふたりが、馬を引いて人を押し分け、家の近くまで送ってくれたのだということです。

(この騒動は、道節が扇谷(おうぎがやつ)定正(さだまさ)を襲おうとして失敗した、あの騒動ですね)

曳手(ひくて)「でも、さっき急に、ふたりとも持病(じびょう)が出たとかで動けなくなってしまって。それで連れてきたの」

音音(おとね)「そう、それは世話になったわね… しかし心配なのは、ちょうどさっき、白井の城からお触れがあって、ええと…」

音音(おとね)はこの二人もスパイだったらどうしようと迷っています。なんとも用心深いことですが、急にふたりそろって調子が悪くなるというのがちょっと()せません。そうでなくても、指名手配になった人物がここにいることを、できる限り誰にも知られたくありません。

曳手(ひくて)単節(ひとよ)「恩人なのよ。おねがい」
音音(おとね)「…そうですね。では上がってもらいましょう」
曳手(ひくて)「ありがとう。さああなたがた、上がってください。足も洗ってあげます」
音音(おとね)「ちょっとまって、そのお二人は… まさか、力二郎(りきじろう)? そしてあなたは尺八(しゃくはち)?」

ふたりの旅人「…なんと、母上か?」

驚いたことに、曳手(ひくて)単節(ひとよ)が意図せず連れてきたのは、それぞれの夫である力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)だったのです。

力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)「母上、おなつかしい。白髪が増えましたな…」
音音(おとね)「なんとうれしいことだ。神のお導きだ。気づいているかい、お前たちを連れてきてくれたのは、嫁の曳手(ひくて)単節(ひとよ)なのだよ」

二組の夫婦は、互いの顔にすぐに気づけなかったことを恥じました。まあ、一日しか一緒にいなかったのでは無理もありません。

さっそく全員は家に入りました。力二郎(りきじろう)たちの持っていた行李(トランク)は、単節(ひとよ)が預かって部屋の隅に置きました。

音音(おとね)「急に体調をくずすような持病ってのは何なんだい。悪いのかい」
尺八(しゃくはち)(いくさ)で傷をうけたのがもとになっているんだと思います。今はもう大丈夫ですよ」

そういえば二人とも、快活に振る舞ってはいますが、顔は真っ青です。

音音(おとね)「傷って、戸田川(とたかわ)で受けたものなのかい」
力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)「えっ、そんなことをご存じなのですか」
音音(おとね)道節(どうせつ)さまが、ある人と話しているところを聞いたのです」

戸田川(とたかわ)は、さきに、矠平(やすへい)たちが四人の犬士を逃がすために活躍したところです。力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)矠平(やすへい)を助けて敵と戦いました。

音音(おとね)がこれを知っているのは、ついさっき、道節と荘助がここで話していることを聞いたからです。

音音(おとね)「あなたたち、1年半前の(いくさ)が終わったあと、ずっとどこにいたのよ」

力二郎(りきじろう)「そこまでご存じなら、もう隠すことはありませんね…」
尺八(しゃくはち)「私たちは、1年半前に練馬家が滅亡したあの戦いで、生き残りました。道節さまが助けてくださったのです。あの方は本当に強い」
尺八(しゃくはち)「そのとき、あの方は、私たちに秘密のミッションを託されました。それは、これからの復讐戦のために、世の豪傑を探し、それらを味方に引き入れよというものでした」
尺八(しゃくはち)「道節さまは、父姥雪(おばゆき)与四郎(よしろう)矠平(やすへい)と名をかえ、大塚に住んでいることをすでにご存知でした。犬山家に変わらぬ忠義を誓っていることも知っていました」
尺八(しゃくはち)「我々は、父矠平(やすへい)のもとで世を忍ぶ暮らしをし、道節さまのミッションをひそかに実行していたのです。母上にも嫁たちにも秘密でした。今日まで不義理をして、まことにすみませんでした」

力二郎(りきじろう)「そして先日、ついに父は、すばらしい豪傑を見つけました。犬塚信乃、犬飼現八、犬田小文吾という人たちです。父は彼にここへの手紙をさりげなく託し、母上を通じて道節さまに会わせようとしました」
力二郎(りきじろう)「その三人と、もう一人加わった勇士たちが、戸田川でピンチに陥りました。我らはこれを命がけで助けたのです。我々兄弟は、銃で撃たれて何個所かに傷を受けましたが、なんとか水にもぐって命を長らえたのです」
力二郎(りきじろう)「その後、嫁たちにめぐり会ってここまでたどり着けたことは、じつに幸運でした。どうでしょう、その後、四人の勇士たちはここに来られましたか」

音音(おとね)「ひとり来ました。犬川荘助(そうすけ)という方が。道節さまは犬川どのと話し、意気投合して仲間の契りをかわしましたよ。残りの三人は、その犬川どのと、道節さまが迎えに行っています。きっとじきに戻ってくるでしょう」

力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)「すばらしい。それでこそ、我々が働いた甲斐があった! もう安心だ…」

曳手(ひくて)単節(ひとよ)「あなた、ご自分の体も大事にしてください。さっきからずっと顔が真っ青です。どうかゆっくり療養して」

力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)「なあに、これしきでダウンしていられない。我々はいまから鎌倉に行き、道節さまのための情報収集をするのだ」

音音(おとね)「そんなバカな。その体調では死んでしまうかもしれないよ」
力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)「そのときは… 私たちがもし死んだときは、嫁よ、どうか許してくれ。お前たちはまだ若いし、どこかよい人を見つけて再婚してくれ」

曳手(ひくて)単節(ひとよ)「ひどいことを言わないで。もうどこにも行かないで」

力二郎(りきじろう)尺八(しゃくはち)は、困ってため息をつきます。「

次に男たち二人は、音音(おとね)に向かって

「母上、お願いがあります。…父は、さきに戸田川で死にました。水に沈むところを私たちは見たのです」

音音(おとね)「えっ!」

力二郎(りきじろう)「今回の父の功績は大きい。これで、犬山からの勘当を許されるよう、道節さまに訴えてほしいのです。これが許されれば、我々は正式に世間に姥雪(おばゆき)世四郎(よしろう)の息子と名乗ることができ、母上は姥雪(おばゆき)世四郎(よしろう)の妻と名乗ることができます。これ以上の幸せはありますまい。どうかお願いします」

音音(おとね)はハラハラと涙を落とします。

音音(おとね)「私はとんでもないことをしました。あの人を誤解していたのです。さっき、。そして私は、ひどいことを言って、あの人を追い払ってしまったのです。あれはやっぱり、死んだあの人の幽霊だったのですね…」


次:49. どっちが幽霊だったのか
top