里見八犬伝のあらすじをまとめてみる

44. マジカル頭脳パワー

前:43. 矠平とふたりの息子

■マジカル頭脳パワー

信乃たち四人の犬士は、上野(こうずけの)・信濃路を目指して、夜通し、ヤミクモに走り続けました。やがて山道に迷い込みましたが、それでもがんばって登っていくと、頂上に着くと同時に夜が明けました。

信乃「ここはどこだ。我々が登ったこの山は、どの山だろう」
額蔵「神社があそこにありますね。ボロボロですが。雷電(らいでん)神社、と書かれていますよ」
信乃「ああ、じゃあここは雷電(らいでん)山だ。向こうに見える町並みは、桶川(おけがわ)ってことになる。昨日は謎のカミナリ雲に助けられたし、これはカミナリの神、ワケイカヅチの導きかな」
三人「きっとそうだ」

四人は、近くの清水で身を清めると、神社に参って神に感謝をささげ、付近になっていた木の実をもいで食べました。ナツメとグミが多くとれました。

現八「甘いな…」
小文吾「今までに食べたことがないくらい甘い。いくつか余分にとっておこう」

神の恵みのような甘い果実を食べると、全員の疲れが完全に回復し、非常にリラックスすることができました。追っ手がここまでくる見込みは少ないですし、やっと安全なひとときを得ることができました。

額蔵は、改めて今回の救出について、三人に言葉をつくして感謝しました。また、信乃が今までどうしていたのか、また、現八と小文吾という二人の仲間を得た理由を知りたがりました。信乃はこれらを余さず説明しました。許我(こが)での話、行徳(ぎょうとこ)での話など、どれも額蔵にはこの上なく驚くべきことでした。

額蔵「それでは、『玉』の持ち主を、犬士(けんし)と呼ぶのですか! そして、私たちは里見の主君に仕える運命なのですね。私がこんな運命を持っているなんて、夢にも考えたことはありませんでした」

現八「犬川どの。あらためて、オレが犬飼現八、こいつが犬田小文吾だ。犬川どのに会うために大塚に来たんだ。こんなことになっているとは予想もしていなかったので、驚いたぜ。あんたを助けられてよかった」

信乃「そうだ、里見どのの使いから、額蔵に路用(ろよう)の金を預かっているよ」
額蔵「まだ、何の手柄も立てていないのにですか? いやいや、受け取れませんよね」
信乃「それは私たちだって同じなんだよ。これらは同じ『我々』のお金だよ。分けて持っておくだけのことさ」

額蔵は、頭上に押し頂いてから、金を懐に納めました。

額蔵「そういえば、今までに分かっている犬士は、話に出てきた親兵衛(しんべえ)くんを入れて五人なんですよね。私は、たぶん六人目を知っています」

信乃・現八・小文吾「えっ!」

額蔵「その前にまず、円塚(まるつか)山での、浜路(はまじ)さまの最期のことをお話しなくてはいけません。浜路さまは、信乃さまに(みさお)を立て通して、彼女をさらったサモジローの求愛を断り、そして殺されました」

信乃「そうか。浜路、かわいそうに… 自分はこの先、一生結婚しないことにするよ。額蔵、教えてくれてありがとう」

額蔵「その後、浜路さまの兄だと名乗って、犬山(いぬやま)道節(どうせつ)という男が現れました。道節(どうせつ)はサモジローを殺し、浜路さまを葬り、そしてサモジローの持っていた村雨(むらさめ)を持って去っていきました」
額蔵「私は、村雨(むらさめ)をかけて彼と戦ったんですが(そして逃げられましたが)、そのとき、私のもっていた『玉』が彼の手に渡り、彼が持っていた『玉』が、今は私の手にあるんですよ。『忠』の字が浮かぶ玉です」
額蔵「私が先日までの拷問に耐えられたのも、この『玉』が持っている、不思議なヒーリングパワーのおかげでした」

信乃「(自分が破傷風になったときは、玉を持ってても治らなかったけどな。まあ、話の都合なんだから、いいか…)」

信乃「犬山という名前から見ても、きっと彼もまた犬士なんだろうなあ。今はどこにいるのかも分からない。果たして、会えるときは来るのかな」
現八「会う運命なら、きっと会えるさ。オレたちみたいにな」

小文吾「なあ。オレたちを逃がしてくれた、矠平(やすへい)さんと尺八・力二郎の三人は、犬士とは関係ないだろうか。たとえば房八(ふさはち)は、ヤツ自身は犬士じゃなかったけど、息子の親兵衛が犬士だった。あんな立派な人たちだ。何か関係があったりしないだろうか」

信乃「自分もそれを考えていたんだ。矠平(やすへい)さんは、武士だったときの名を姥雪(おばゆき)世四郎(よしろう)といったそうだ。自分に玉をさずけてくれた犬の名前も与四郎(よしろう)だった。何か関係がありそうな気がする」
信乃「力二郎(りきじろう)さんと尺八(しゃくはち)さんもだ。『力』『二』『尺』『八』のパーツをうまく並び替えると、『八房』という字ができあがる。ちょっと無理があるんだけど、まあまあそれっぽくできあがる」

現八「(マジカル頭脳パワーに、そんな感じの漢字クイズがあったな…)」

信乃「だから彼らも、どこかの犬士と関係があります(断言)」

小文吾「うん、多分…そうだな… ま、まあ、そのうちハッキリすることさ」


額蔵は、もうひとつ思い出したことがあり、腰につけていた脇差を取り出しました。

額蔵「昨日、庚申(こうしん)塚で、現八どのが、社平から奪った両刀を私にくれましたよね。この中に、この『桐一文字』が入っていたのです」
額蔵「これは私が亀篠(かめささ)さまから預かっていたもので、もとは信乃さまの祖父である大塚匠作(しょうさく)どのより受け継がれたもの。信乃さまが持っているべき刀ですから、返します。受け取ってください」

信乃「ありがとう。額蔵は、この刀で、カタキの簸上(ひかみ)宮六(きゅうろく)を討ってくれたんだったね。じゃあこれは自分が受け取るが、代わりに、自分が持っているこの刀を額蔵にあげるよ。行徳(ぎょうとこ)に着いたときに小文吾がくれたものなのだけど、メチャクチャ切れ味のいい刀だ。昨日、五倍二を倒したときに使ったが、すごかった。はい、どうぞ」

額蔵「ありがとうございます… あっ、この刀は!」

信乃「?」

額蔵「父の刀です! 犬川衛二(えじ)の秘蔵の両刀!」

信乃「マジ? 小文吾、これって、どこで手に入れたんだい」

小文吾「知り合いの刀商だよ。処分価格で売られていたものだ。妙にグッとくるものがあったので、オヤジに内緒で、小遣いをはたいて買ったんだ。(それでオヤジにメチャメチャ怒られた。)なんと、犬川どのの父上の形見の品だったとは。世の中、何がよくて悪いか分からないものだなあ」

額蔵「おお、父上…(涙ボタボタ)」

こんなわけで、信乃と額蔵は、大刀と脇差をそれぞれ交換しました。

現八「めでたいな」
額蔵「はい。私は今から、蟇六(ひきろく)さまの使用人・額蔵(がくぞう)の名をすっかり捨て、犬川(いぬかわ)荘助(そうすけ)義任(よしとう)と名乗ることにします。前から決めてはいたんですが、この刀を手にした今、あらためて宣言します」

信乃・現八・小文吾「今後もよろしく、荘助!」


信乃「それはそうと、小文吾、キミだけでも行徳(ぎょうとこ)に戻って、ここの事情を伝えたほうがいいんじゃないかな。残してきた人たちが、きっとひどく心配していると思うんだ。丶大(ちゅだい)様たちとの約束も破ってしまっているようで心苦しいし」

小文吾「うーん、荒芽(あらめ)山まで無事にみんなを送ったら、そのとき帰ることにするよ。まだ危険がすっかり過ぎたわけじゃない。油断できないと思うんだ」

荘助(額蔵)「夕方になってきましたね… ここで野宿するのは、毒蛇なんかもいるでしょうし、危険です。ふもとに見える桶川(おけがわ)の町に降りて、宿を探しましょう」

その日は適当に宿に泊まり、次の日からは荒芽山をめざして一同はユルユルと旅しました。すごく急ぐわけでもないし、ちょっと観光気分がないでもないし、いろいろと名所旧跡を見物しながら進みました。

数日後には、明巍(みょうぎ)の山に登り、霊場(パワースポット)を巡礼して回りました。夕方になって山の中腹まで下りると、見つけた茶屋に入って、小休止しました。そこでは遠眼鏡(とおめがね)を貸し出しており、旅人はこれでまわりの風景を眺めて楽しむことができました。

荘助「へえ、遠眼鏡だって。話のタネですから、どんなものか試してみようかな…」

これを目に当てて、(ふもと)のあたりを眺めてみます。

荘助「よく見えるものですねえ… 向こうには、橋を渡っている武士がいる… ん?」

笠をかぶった武士の姿に、どこか見おぼえがある気がします。眺めていると、その武士は、不意にこちら側を振り向き、山を見上げるポーズを取りました。

荘助「あいつだ」
信乃「えっ」
荘助「円塚(まるつか)山で会ったのはあいつですよ。あれが犬山(いぬやま)道節(どうせつ)です」
現八「なんだって、俺にも見せてくれ」

三人が争って遠眼鏡をのぞき込みましたが、もう誰もその武士の姿を確認できませんでした。

信乃「荘助が見たのが確かに犬山(いぬやま)道節(どうせつ)だとすれば… 彼の狙いは、管領(かんれい)扇谷(おうぎがやつ)定正(さだまさ)である可能性があるぞ。扇谷(おうぎがやつ)は、彼のカタキなんだろう?」

荘助「はい、管領に主君の家を滅ぼされたということで」

信乃「聞いたウワサでは、扇谷(おうぎがやつ)氏は、最近この国に退いて、白井の城に滞在しているのだという。つまり、ここらへんだ。彼がもし単身で敵討ちに乗り込むつもりなら… 放ってはおけない。みんな、急いで山を下りて彼を探すぞ」


次:45. 泣く子も黙る犬山道節
top